龍水の徒然ネタ裏帳!?

龍水が思いのまま書く身の回りの話(不定期掲載)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初心者に優しい?競艇講座 3

さてさて、前回の続き?ですが

スタート前にある展開として、「進入」というのがあります。
「進入」というのは実は競艇では順番に並んでスタートを
行わないのです。(進入固定は別ですが・・・)

選手は得意とするコースを選んでスタートできるのです。
順番に「1・2・3・4・5・6」と並ぶ場合もありますが
6号艇が1コースに入りたい(インコースが得意)とすると
1~5号艇を追い抜いて、スタート位置につくことが
必要になります。しかし、1~5号艇の中にもインコースで
行きたい選手もいるので必死でコースを守ります。
そういう駆け引きで、進入コースが決まってくるのです。

進入による影響

なぜ、インコースを取りにいくか?
昔々はインコースが一番になる可能性が
高かったからだと思われます。
なぜ、インコースが強かったかというと
同じ回り方をした時に1~6の順番に
並んだ場合、1号艇が回った後、全ての艇が
1号艇の出す波「引き波」の上を
通らなければならなくなり、この時に
少なからず、速度が殺されることで遅れを取り、
1号艇に追いつけなくなるから
インが強いと言われるわけです。




近年、そのスタート進入の予想がしやすいように
展示航走のほかに「スタート展示」を行うことが復活し、
スタート時のコースがさらに予想しやすくなりました。
しかし、コースはインとダッシュ(助走をとって走る方法)の
2種類の分類の目安程度にしないと、時々コースが変わる選手も
います。(不慮の事故によるスタート出遅れでアウトにまわるなど)

スタート進入


さて、上記に書いた「ダッシュ」とは?
3~4、5コース辺りから分かれる後ろにひっぱるやり方で
助走距離をとることで、スタートラインに到達した時点で
速度をMAXにもっていき、スピード差をつけようとする方法です。
この辺は次回の「エンジンの特性」でお話しますw

***ひと口メモ***
出走表や予想紙などで、選手の得意コースが表記されています。
まあ、新人などは得意と言うよりも入れてもらえないとかあったりしますが…
『内』…イン(1~2コース)が得意
『中』…中段(3~4コース)に主に行く選手
『外』…アウト(5~6コース)に主に行く選手
(1号艇でもわざと6コースに行く選手もいましたねぇ)
『全』…オールレンジで、どこからでもOK!っていう選手w
まあ、あくまで目安で「外」って書いてあってもインに入ったりすることもあるし…。
まあ、だいたいは見慣れることが一番ですw
スポンサーサイト
  1. 2007/12/03(月) 22:17:02|
  2. 競艇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初心者に優しい?競艇講座 4 | ホーム | 初心者に優しい?競艇講座 2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryusui01.blog49.fc2.com/tb.php/22-cba9a48e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

龍水

Author:龍水
日常の何気ないことをネタに
していますが、ゲームが
お好きな方はこちらもどうぞ?
龍水の徒然ネタ帳!?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。